ラーメン、カレー、ボクサーパンツ

日本人について

 

こんにちは。

アールリバーサルの泉です。

今日は、私の好きな物について、お話を・・・

ではありません。

 

もうしわけございません。

 

今日は日本人について、話そうと思います。

 

そのタイトルでなんでやねん、ってお思いですよね。

少々お待ちください。

 

私には外国人の友人が結構います。

 

外国人と話していると、逆に日本のことがわかるというか、

意識していなかったことが見えることがあります。

 

京都にて

 

先日、京都に外国人の友人と行きました。

3連休の初日はアメリカの友人と。

2日目、3日目は中国人の友人と。

 

秋の京都はたいへん美しく、人も観光客で賑わっています。

日本全国からも、そして、世界中からも。

 

まず初日、アメリカの友人と話をしていて、日本の食べ物の話になりました。

日本の食べ物について、話していると、

彼は日本のラーメンはおいしいと言ってます。

アメリカにもラーメン店はあるけど、1杯2000円のラーメンでも人気があるそうです。

 

そして、最近テレビで見たことを思い出したんです。

大阪のカレーはおいしくて、カレー店の新規オープンが増えてるそうです。

 

カレーはカレーでも、スパイシーなカレーとか、アレンジしたカレー。

私も気になって、何軒か行ってみましたけど、確かに大阪のカレー、おいしいですね。

 

そこで、アメリカ人の友人と話したおいしい料理って、

外国発祥が多いやん・・・

 

ラーメン=中国、

カレー=インド、

 

他にも

餃子=中国、

ケーキ=フランスなどなど。

パスタ=イタリア、

 

確かに、寿司とか牛丼とかがあるんですけど、多すぎる。

 

 

この考えを持ちながら、翌日に中国人と話してました。

 

今度は、名産の話になりました。

というのも、新幹線であの行列はなんだと聞かれたのです。

 

大阪名物 551蓬莱の豚まん。。。

 

みやげ屋に一緒に行っても、点々の餃子とか、神戸南京町の肉まん、洋菓子。。。

 

かろうじて、京都が和風が多いですが、

京都駅で「京風中華料理 ハマムラ」って見た時、絶句しました。

 

考えてみると、北海道名物でジンギスカン(不明??)、宇都宮とか浜松でも餃子、米沢ラーメン、長崎ちゃんぽん、讃岐うどん(厳密には中国)。。。

 

外国にルーツを持つ食べ物が多すぎません??

 

ボクサーパンツも・・・

 

そこで、ふと我に返りました。

ボクサーパンツ・・・

他のことばっかり、気になっていて、肝心な自分の商売についてすっかり忘れてました・・・

 

そこで、思ったんですが、

日本人って外国の物をアレンジ、良く言うと、突き詰める、極めるのが得意ですよね。

 

ラーメンは、シンプルにいうと、スープ、麺、具材、の組み合わせ。

これをいかにして追求していくかですよね。

鶏系、豚系、魚系、魚介類、澄んだスープ、ギトギトのスープ、辛旨のスープ、辛シビ。。。

 

最近、日本のボクサーパンツ市場も細分化がすごいです。

 

デパートだと、日本のボクサーパンツの先駆けTOOT。

素材にこだわった、包帯パンツ。

カタチもトランクス、ボクサーパンツ、ブリーフ、ビキニ、ロング。

最近ではふんどしとか??

 

縫製もいろいろ。

普通に縫製されているものもあれば、BETONESとかBODYWILDとか無縫製のもの、最近では超音波テープを使った無縫製(女性のSLOGGYみたいな)。

 

おそらく、アメリカとかフランス、イタリアとか、ボクサーパンツのルーツの国よりかなり極めてると思うんですよね。

 

以前、展示会で会った、ある大手のトレーニング機器の会社の社長のアメリカ人の方があまりにうちのブースを熱心に見てたんです。

その方にウチのボクサーパンツを差しあげたところ、翌日、はいてこられて、「ハキゴコチ、スゴク イイデスネ。」って言ってくれた事があったんです。

翌年お会いしたときには、ウチのボクサーパンツで横浜マラソンを完走したよって言ってくれたんです。

 

考えてみると、日本って、そもそも島国ですよね。

だから、稲作だったり、漢字だったり、いろんなものを輸入して、ローカライズさせてたんでしょうね。

 

そういう意味では、ラーメンにしても、カレーにしても、ボクサーパンツにしても、日本の伝統芸のひとつなんでしょうかねえ。。。

 

コメント